流行の服を着ていても自分に合うか疑問

他人に対して「あの人は洋服のセンスがいい」などと言うことがあります。

自分もそういう風になりたいけれど、もともとの感性だから無理とあきらめている方もいるのではないでしょうか。

しかし、洋服のセンスは誰でも身につけられます。

もちろんトップスタイリストやデザイナーになりたいというのであれば、それ相応の勉強や才能が必要かもしれませんが、日常生活の中で「おしゃれで、センスがいい」と思われるようになることは誰でも可能です。

では具体的にどのようにしたらよいのでしょうか。

まず、現在おしゃれだと思われている人は、間違いなく洋服が好きです。

そのため、他人のファッションをよく観察したり、ファッション雑誌を読んだり、テレビに出ているタレントの衣装を観察したり、自然にアンテナをはってファッション情報を日々手に入れています。

何がおしゃれか分からない、好きか分からないという方は、まずたくさんのファッションに触れることが大切です。

雑誌を買ったり、テレビやインターネットに出てくる映像や写真のファッションに注目してみましょう。

すると、自分はこんな感じのファッションが好き、このアイテムは流行しているようだなどと自分なりの好き嫌いや情報が積み重なっていきます。

そうやって蓄積した情報の中には、真似してみたいと思うコーディネートがいくつかあるのではないでしょうか。

些細なことでもかまわないので、恥ずかしがらずに真似をしてみましょう。

すると、その中で自分に合う合わない、というのが分かってきます。

難しく考えず、「なんだか太って見える」とか、「背が高くすらっと見える」など普通の感想を大切にしましょう。

どんなに流行の素敵な服を着ていても、自分の体型や雰囲気に合っていなければ、おしゃれだとは言えないからです。

次に、新しい洋服を買うときに注意したいのがサイズです。

おしゃれな人はサイズを重視しており、どんな小さなアイテムでも試着をして買うと言う人が多いです。

シャツの肩が合っていない、パンツがもたついている、などサイズが合っていない服は決して人をおしゃれに見せてはくれません。

S、M、Lといったサイズ表記はあくまで目安であり、メーカーやブランドによってばらつきがあります。

どんな服でも、試着をして買うことが大切です。

このように、たくさんの情報を得て、試着をして購入してを繰り返していると、自然と洋服のセンスは磨かれていきます。

流行のアイテムであっても、自分に似合うかどうかが判断できます。

また、このアイテムは、自分をおしゃれに見せてくれるといった、定番アイテムが分かってきます。

似合う服を知る、というのがセンスアップのポイントと言えるでしょう。